不当! 森友学園 塚本幼稚園

皆さんこんにちは。

最近の報道について、沖縄の基地問題、アパホテル、ニュース女子への
不当な圧力と言論弾圧が続いている中、今度は大阪の森友学園が標的になっています。

森友学園の総裁・校長である籠池泰典氏の教育方針は、瑞穂の國記念小学院のホームページの
挨拶からも分かる通り、将来日本の国を背負ってたつ優秀な人材を育てたいという
気持ちが伝わってきます。


戦前の日本人は、世界で№1の民度を誇っていました。
その民度の高さと平和主義的な考えが、敗戦後の教育等により今日の民度の低下した
日本人をつくり多数を占めるようになりました。

民度の低下した人々が多数を占めると言っても、世界的にみれば民度の高さは随一ですけど。
それだけ私たちのご先祖様、日本民族の優秀さが良くわかりますね。


 そのためか連日のように報道されている森友学園問題の原因の一つとして国会でも取り上げられました。
衆院予算委員会では野党が大阪の学校法人「森友学園」への国有地売却問題を追及し、
同学園理事長の参考人招致を求めたことです。

内容は、連日の報道からわかると思いますが、「国有地の土地売却に特別な便宜が
森友学園に国から図られている」としていることです。

土地売却の問題では、産業廃棄物が後から出てきたために通常よりも価格が低かった。
適正かどうかは別としても、そのような理由から土地の価値が下がることは明白である。

それに絡めて、安倍首相夫妻の関わりがあったことから、民進党のいつもの難癖づけが
はじまったのですが、問題は他にもあります。


 森友学園の塚本幼稚園では、幼少のころから健全な日本人の育成教育を掲げているために、
反日外国人とマスゴミからの攻撃に晒されていると言ったところです。

なかでもひどいことは、TBSの取材スタッフの心ない暴言や対応が、
あまりにも酷過ぎることで、色々な方がブログで取り上げられています。

このTBSの男は、

「園児が怖がっているので、やめて欲しい」

幼稚園内に入らないように制止しても迷惑取材を控えようともせずに
逆に脅迫まがいの言動をしてくる始末だそうです。

テレビ等で放送している内容とこれらマスゴミや反日外国人の現地で行っている事は、
テレビでは正確に報道はされておりません。

沖縄の基地問題と全く同じ状況とみて良いでしょう。


このあまりにも酷い状況を我々も見過ごしてはならないと思います。
テレビや新聞の報道が如何に酷いものかを認識し、この反社会的勢力に『ノー』を
つきつける時が来ていると思います。


正しい歴史認識さんブログ http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6577.html

松山昭彦さんのブログ   http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34615189.html








この記事へのコメント


この記事へのトラックバック