平昌五輪(ピョンチャンオリンピック) お疲れ様でした!

皆さん、こんにちは。

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)も何事もなく閉会式をむかえ

ホッと一安心。

選手および関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。
開会前は、スピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧選手の
ドーピング問題が抜き打ち検査で、まさかの陽性反応が。
これは、あれたオリンピックになるのでは、と心配しておりました。
齋藤選手は、非常に残念でしたね。
私は、本人の言うとおり故意ではないと信じていますけど。

さて、この平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)の報道に埋もれて
色々とありましたね。

この平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)
の思惑はどうだったのか。
日経ビジネスでは、2月28日付ではあ『大敗北! 北朝鮮五輪外交』と題してますが、
果たしてそうでしょうか。
日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/230558/022700017/


平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)前は、
米国と北朝鮮の一触即発状態だったことから
考えると、あながちそうではないように思います。

アメリカのトランプ大統領も対北朝鮮問題よりも中東問題がより一層深刻化
したことから、このオリンピックは良い緩衝剤となったように思われます。

2月6日午前3時57分(日本時間同4時57分)に
台湾の高雄で、マグニチュード6.4の地震がありました。
早々に安倍首相が支援表明し救援隊派遣をおこなった。

それについて、シナからは抗議が!?
人命よりもメンツが大事な国、さすが世界の失笑ものです。

産経ニュース
http://www.sankei.com/world/news/180209/wor1802090038-n1.html


日本のマスゴミは、平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)一色でしたが、
このような報道をもっとすべきです。

シナ共産党の顔色伺いばかりでは、どこの国の放送局か
わかったものじゃありません。
御粗末の一言。

話は戻って、羽生結弦選手、カーリングの藤澤五月さんが大ブレイク中
ですね。
なんと反日国の韓国でも大人気だとか。
韓国政府も日本にすり寄り作戦に舵をきったのかなw。

過去最高のメダル数の獲得や記録更新で、日本の底力を見せてくれました。
日本選手団の皆さん、感動をありがとう~。








この記事へのコメント